専属運転手はその人専用の運転手

専属運転手とは、名前の通りその人の専属の運転手になって仕事をする人のことを指します。一般的には会社で役職付の人たちが利用しているものであり、一般的な人が利用するものではないと考えられています。ただ実際には普段からタクシーの利用が多い人や1日に何回も車に乗ることが多い人であれば、誰でも気軽に利用することができるサービスとして利用されているのです。専属運転手の特徴は、タクシーと違って常に車が近くにある状態で待機してくれているというところです。そのためタクシーのようにいちいち呼び出す必要がなく、必要な時に利用できるようになっています。

専属運転手のメリット

専属運転手を利用する側のメリットとしては、タクシーのように呼び出さなくても気軽に利用することができる点が挙げられています。また専属運転手との契約は決められた時間に合わせた料金を支払うシステムとなっているところが多く、タクシーのように走った距離や時間だけ料金を取られるという形ではありません。そのためタクシーを利用するよりも費用を抑えやすいですし、行き先が決まった状態で利用することが多いので道に詳しい運転手の案内が期待できるというメリットもあります。

運転手側も決まった時間と目的地で利用してもらえるので、顧客に応じて最適なルートを計算しやすくスケジュール管理がしやすいというメリットが挙げられています。また専属運転手という肩書が一種のステータスになるので、顧客を獲得しやすい点もメリットです。

運転手の派遣は料金が高いとイメージされる方もいます。しかし、必要としている時間だけ依頼をすれば安い料金になります。